【5社直通の大動脈】東急東横線、みなとみらい線について説明! (2.パターンダイヤ編)

鉄道
この記事は約5分で読めます。

皆様、こんにちは。U5swです。

今回は前回の続きで、東急東横線とみなとみらい線に関して紹介します!

この記事では、パターンダイヤに関して説明していきます!

日中時間帯のパターンダイヤ

日中時間帯は平日・土休日共に30分サイクル(1時間に2本)のパターンダイヤを構成しています。内訳は以下の通り。

  • Fライナー特急:元町・中華街〜小手指,飯能(西武池袋線直通,30分サイクルで交互に運転)
  • Fライナー特急:元町・中華街〜森林公園(東武東上線)
  • 急行:元町・中華街〜和光市(30分サイクルに2本(15分サイクル)運転)
  • 各駅停車:元町・中華街〜和光市
  • 各駅停車:元町・中華街〜石神井公園,保谷(西武池袋線直通,30分サイクルで交互に運転)
  • 各駅停車:元町・中華街〜渋谷(30分サイクルに2本(15分サイクル)運転)
  • 各駅停車:菊名〜池袋

1時間あたりの本数だと、Fライナー特急が4本、急行が4本、各駅停車が10本(8本)運行されることとなります。

Fライナー特急

日中時間帯の特急は、全区間で速達運転を行うFライナーとして運行されます。西武池袋線直通系統と東武東上線直通系統があり、飯能発着→森林公園発着→小手指発着→森林公園発着という形で15分間隔で運転されます。副都心線内はFライナー急行、西武池袋線内はFライナー快速急行、東武東上線内はFライナー急行で運行されます。

東急東横線内では自由が丘駅と菊名駅(元町・中華街行きの場合は渋谷駅も)で、元町・中華街発着の各駅停車と対面接続を取る他、西武池袋線直通系統のFライナーは元住吉駅で菊名発着の各駅停車を追い抜きます。そのため、小手指or飯能行きのFライナーは武蔵小杉駅で後続の各駅停車に接続します。

Fライナー特急の所要時間は以下の通り。

  • 渋谷〜武蔵小杉間:13分
  • 渋谷〜横浜間:27分
  • 渋谷〜元町・中華街間:37分

急行

急行は全て和光市発着であり、15分に1本運行されます。特急よりも停車駅が7駅分多いですが、東横線内は追い抜かれることはなく、特急同様自由が丘駅と菊名駅で各駅停車と対面接続を取ります。

ただし、副都心線内は各駅停車として運行され、東新宿駅でFライナー急行(特急)に追い抜かれるため、池袋〜横浜間では特急が先行することとなるので注意が必要です。

急行の所要時間は以下の通り。

  • 渋谷〜武蔵小杉間:16分
  • 渋谷〜横浜間:29分
  • 渋谷〜元町・中華街間:39分

各駅停車

各駅停車は渋谷〜菊名間は毎時10本、菊名〜元町・中華街間は毎時8本運行されます。運行系統は大きく分けて3つあり、

  1. 元町・中華街〜副都心線直通
  2. 元町・中華街〜渋谷
  3. 菊名〜池袋

となっています。詳細を以下に記します。

1.元町・中華街〜副都心線直通

副都心線の和光市発着と西武池袋線直通で石神井公園or保谷発着があり、和光市発着→保谷発着→和光市発着→石神井公園発着という形で15分間隔で運行されます。

途中、自由が丘駅でFライナー特急に、菊名駅で急行に対面接続を行い退避します。副都心線内は一度も退避はありません。

2.元町・中華街〜渋谷

副都心線に直通せずに渋谷駅で折り返します。

※渋谷駅では横浜方面行きの列車が発着する4番線に入線するため、池袋方面行きの列車が発着する5,6番線へは階段等での乗り換えが必要となります。また、渋谷駅では池袋方面のFライナー急行(特急)に数分で接続するため、代官山駅からの乗車以外で、各駅停車渋谷行きに乗車し、Fライナーに乗り換える場合は、中目黒駅で乗り換えることをおすすめします(同一ホームで後続ですぐにFライナーが来るため)。

途中、自由が丘駅で急行に、菊名駅でFライナー特急に対面接続を行い退避します。

3.菊名〜池袋

通称、「菊名ローカル」と言われる各駅停車です。2013年の副都心線直通前は、菊名〜北千住間を結ぶ「東京メトロ日比谷線の直通列車」として運行されていましたが、直通後は日比谷線との相互直通運転が同時に終了したことを受けて、渋谷発着となり、その後の改正で池袋発着となりました。

途中、元住吉駅で西武線系統のFライナーに追い抜かれる以外は東横線、副都心線内での退避はないため、菊名以外での全駅ではこの列車に乗れば目的地に先に到着することができる「隠れた速達列車」となっています。渋谷〜武蔵小杉間を18分で結びます。

平日夕方ラッシュ時(17~20時台)

東急東横線、みなとみらい線の帰宅ラッシュ時間帯も、一部時間帯では綺麗なパターンダイヤを構成しています。概ね15分サイクル(1時間あたり4本)の運行を行なっています。

ただし、渋谷から先の行き先が列車によってバラバラなため、渋谷から先の始発駅および終着駅は時刻表で確認していただきますようお願いいたします。

内訳は以下の通り。

  • 通勤特急:元町・中華街〜副都心線直通(一部西武池袋線、東武東上線直通)
  • 急行:元町・中華街〜副都心線直通(一部西武池袋線、東武東上線直通)
  • 各駅停車:元町・中華街〜渋谷、副都心線直通(一部西武池袋線、東武東上線直通あり、15分サイクルあたり2本運行)
  • 各駅停車:菊名(一部は武蔵小杉)〜渋谷、副都心線直通

1時間あたりの本数は、通勤特急が4本、急行が4本、各駅停車が12本(8本)が運行されます。日中時間帯と比較すると、特急が通勤特急となっており、かつ菊名ローカルの本数が倍増しています。

通勤特急

ラッシュ時間帯の最速達種別で、副都心線内は通勤急行として運行される列車がほとんどです。自由が丘駅と菊名駅、一部の列車は渋谷駅で各駅停車と対面接続を行います。また、元住吉駅で菊名ローカルを追い抜くため、元町・中華街行きは日吉駅で、渋谷方面行きは武蔵小杉駅で乗り換えが可能です。所要時間は以下の通り。

  • 渋谷〜武蔵小杉間:14分
  • 渋谷〜横浜間:30分
  • 渋谷〜元町・中華街:39分

急行

基本的に日中時間帯とほぼ変わりませんが、一部西武池袋線直通便や東武東上線直通便があります。自由が丘駅と菊名駅で各駅停車と対面接続を行う他、菊名ローカルの一部便が渋谷駅発着の場合は渋谷駅で接続を行います。

  • 渋谷〜武蔵小杉間:17分
  • 渋谷〜横浜間:33分
  • 渋谷〜元町・中華街:44分

各駅停車

1.元町・中華街発着

渋谷折り返し運用もあれば、新宿三丁目、石神井公園、保谷、清瀬、志木と様々な発着駅があります。ただし東横線、みなとみらい線内ではほぼ統一されており、自由が丘駅と菊名駅で通勤特急or急行と対面接続を行い、退避します。

2.菊名発着

渋谷折り返し運用もあれば、新宿三丁目、和光市発着の運用もあります。東横線内は15分間隔で統一されており、元住吉駅で通勤特急に追い抜かれます。日中時間帯とは異なり、通勤特急が日吉駅に停車するため、隠れ速達列車の区間は「渋谷〜武蔵小杉間」のみとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました