【2022年にデビュー!】JR東海の新型車両315系の導入で、今後どのように変わっていく?

鉄道
この記事は約8分で読めます。

皆様、こんにちは! U5swです。

今回は、今話題となっている、JR東海の新型通勤型車両、315系と導入に伴う既存車両の動きに関して予測していこうと思います!

315系とは?

315系は、JR東海で新たに導入する通勤型車両であり、313系以来23年ぶりの新形式車両となっています。導入によって、現在も運行を続けているベテラン車両、211系や213系、311系を全て置き換える予定となっています。

先日、遂に第1編成が出場へ。

そんな中、先日遂に、315系の記念すべき第1編成が豊川の日本車輌工場から出場し、お披露目されることとなりました。

出場の様子(謎のちゃんねるさんの動画を引用)

この出場で特に注目されたのが、JR東海の通勤型車両では見られなかった「8両固定編成」で出場したことでしょう。JR東海の通勤型車両は、1編成2両から6両までで構成されており、これらを繋ぎ合わせて最大8両や10両編成を組むなど柔軟に運用していますが、今回出場した車両は8両固定編成。このことから、315系によって今後の運用が大きく変わって行くものと思われます。

JR東海のプレスリリースに、315系に関する詳細が発表

11月17日に、JR東海が315系に関するプレスリリースを発表しました。

https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000041578.pdf

運行面に関して、プレス発表前の事前情報をまとめると、

  • 運転開始日は2022年3月5日
  • 投入区間は中央西線の名古屋〜中津川間
  • 中央西線の名古屋〜中津川間を走る通勤型車両を、2023年までに315系に統一
  • 315系投入で、国鉄時代から走る211系が2022年3月中に引退
  • 編成両数は4両と8両の2タイプ
  • 2024年度に静岡地区にも投入(トイレ付き)
  • 最終的に352両を日本車輌で製造する模様

このことから、中央西線の名古屋口から315系の新時代が始まることが確定となりました。第1編成が8両固定編成のロングシート、かつ中央西線の車両が所属する神領車両区の編成であることから、中央西線の車両であることは確定事項でしょう。

それよりも気になるのが、

中央西線の名古屋〜中津川間を走る通勤型車両を、2023年までに315系に統一

という文面です。そもそも315系の導入目的として、

「ベテラン車両の211系および311系を置き換えるため」

という目的で導入に至ったわけですが、315系に統一となると、今回置き換え対象とならない313系も、他の車両区に転属せざるを得なくなることが明らかとなりました。

315系統一の意図を考えてみた

中央西線の名古屋〜中津川間において、なぜ315系で統一する必要があるのかに関して、個人的に意図を考えてみました。その結果、以下のような意図を考えました。

  • 座席の種類を統一して、車両格差をなくすため
  • 固定編成を長編成化することによる、先頭車同士の連結に伴うデッドスペースの解消、および機器類のコストダウンのため
  • 車両の増解結に伴う手間や人員コストを削減するため

まず、現在中央西線の名古屋〜中津川間の通勤型車両は、現在以下の車両が営業運行に就いています。

  • 211系→0番台(セミクロスシート)、5000番台(ロングシート)
  • 313系→1000,1100,1300,1500,1600番台(転換式クロスシート車端部ロングシート)、8000番台(デッキ付き転換式クロスシート、ホームライナー瑞浪にも使用)

両形式とも併結運転を行い、211系と313系の異形式連結も日常茶飯事に行われています。

315系の導入で撤退が決まった211系。
ホームライナーにも使用される313系8000番台。この車両の去就はどうなる?

このことから、ロングシートとクロスシートが混在する列車が当たり前のように運行されており、運用もそこまで固定されていません。

これにより、列車、または車両によって混雑度や快適性に格差が生まれてしまい、使いにくさを生んでしまうことがあります。

中長距離利用者からすると、快適なクロスシートで移動したい方がほとんどだと思いますが、ラッシュ時といった混雑時間帯には、収容力に優れたロングシートが重宝されます。どちらか選択できるという意味では便利な側面もありますが、サービスの平準化を図るという意味では、車内設備を可能な限り統一した方が良いでしょう。

特に、中央西線は名古屋〜大曽根間は名古屋市内を横断しており、高蔵寺や多治見、中津川といった名古屋のベッドタウンが連なり、一定の利用客で賑わっています。

そこで、315系に統一することによって、全車両をロングシート車両にすることによって、車両における格差をなくし、混雑を分散させようとしていることが考えられます。

次に、第1編成が8両固定編成で出場したことを受けて、固定編成の長編成化によって、先頭車同士の連結をなくし、利用客が立ち入れないデッドスペースをなくすことによる混雑緩和、および運転台といった機器類の設置を極力減らすことによるコストダウンが図れます。さらに、増解結に伴う作業を減らすことによって、手間や人員の削減に繋がるため、こちらも導入の意図として考えられます。

固定編成の長編成化に伴い、名古屋中心部から離れた地方では、利用客が少なくなるため、輸送効率の悪化が心配されますが、トータルで考えるとこちらの方が良いということなのでしょう。

315系の導入で313系はどうなる?

JR東海の主力車両313系。

名古屋〜中津川間の315系統一により、神領車両区に所属している313系の一部編成は他線区に転属する可能性が高いです。

2021年現在、神領車両区に在籍している313系と活躍線区を以下に示します。

  • 1000番台(中央西線<名古屋〜中津川間>、愛知環状鉄道<高蔵寺〜瀬戸口間>、関西線<名古屋〜亀山間>、東海道線<名古屋〜岐阜間>)→4両編成3本
  • 1100番台→4両編成2本
  • 1300番台→2両編成32本(内24本はワンマン運転に対応)
  • 1500番台(中央西線<名古屋〜中津川間>、愛知環状鉄道<高蔵寺〜瀬戸口間>、関西線<名古屋〜亀山間>)→3両編成3本
  • 1600番台→3両編成4本
  • 1700番台→3両編成3本
  • 8000番台→3両編成6本
番台主な運行路線編成両数在籍本数ワンマン対応有無
1000中央西線(名古屋〜南木曽間)
愛知環状鉄道(高蔵寺〜瀬戸口間)
関西線(名古屋〜亀山間)
東海道線(名古屋〜岐阜間)
4両3本なし
1100
(1000番台増備車)
中央西線(名古屋〜南木曽間)
愛知環状鉄道(高蔵寺〜瀬戸口間)
関西線(名古屋〜亀山間)
東海道線(名古屋〜岐阜間)
4両2本なし
1300・B400編成
中央西線(名古屋〜中津川間)
関西線(名古屋〜亀山間)

・B500編成
中央西線(名古屋〜塩尻間)
篠ノ井線(塩尻〜松本間)
関西線(名古屋〜亀山間)
武豊線(大府〜武豊間)
東海道線(大垣、岐阜〜大府間)
2両B400編成
→8本
B500編成→16本
B400編成→なし(準備工事あり)
B500編成→あり
1500中央西線(名古屋〜南木曽間)
愛知環状鉄道(高蔵寺〜瀬戸口間)
関西線(名古屋〜亀山間)
3両3本なし
1600
(1500番台増備車)
中央西線(名古屋〜南木曽間)
愛知環状鉄道(高蔵寺〜瀬戸口間)
関西線(名古屋〜亀山間)
3両4本なし
1700中央西線(名古屋〜南木曽間)
愛知環状鉄道(高蔵寺〜瀬戸口間)
関西線(名古屋〜亀山間)
飯田線、中央東線、篠ノ井線
(豊橋〜辰野〜岡谷〜上諏訪、塩尻間、塩尻〜松本間)
3両3本なし
8000中央西線(名古屋〜南木曽間)
※ホームライナー瑞浪運用
3両6本あり

これより、中央西線の名古屋口で活躍している車両のうち、8000番台を除いた全ての車両が関西線でも運用されている他、1300番台のうちB500編成はワンマン対応が行われているので、全てが転属するわけではありません。

ただし、4両編成の1000番台や1100番台に関しては、置き換えられる311系が4両編成であることから、大垣車両区へ転属して、球突きで311系を運用離脱させる可能性が高いと思います。

置き換えが決定した311系。

また、3両編成の1500番台や1600番台に関しても、静岡地区に転属して、211系を置き換える可能性も考えられます。ただし、静岡地区の通勤型電車は全てロングシートのため、転換クロスシートからロングシートに改造されるのかが気になるところですね。

そして、かつてはセントラルライナー専用車両であり、現在は普通、快速運用を中心に一部ホームライナー瑞浪としても使用される8000番台は、他線区に転属する可能性が高そうです。そもそも運用範囲が315系に取って代わる区間のみであること、他の番台と仕様が異なる点から、ライナー運用が存在する他の線区に転属するかもしれません。

個人的な予想として、静岡地区で運行されている「ホームライナー」に転用される可能性が高いかなと考えています。ホームライナーは現在、特急型車両で313系よりもベテランな373系を使用して運行しており、1編成あたりの両数も3両で一緒のことから、373系の役割を受け継ぐことは可能であり、かつ一部のホームライナーは普通列車に代わる運用を掛け持っており、2ドアの373系より3ドアの313系の方が普通列車の役割を担う上でふさわしいことから、こう予想しました。

ただし、座席のグレードが373系よりも格段に劣ってしまうので、この転用に関しては賛否両論別れそうですね… 大半の方は373系のままが良いというでしょうし。

他の番台と同様、中央西線名古屋口以外の普通、快速列車として混じって運用されるのか、車内のグレードを落とした改造を施すのか… 8000番台の動向が1番気になりますね。

まとめ:315系の活躍と今後の動向に期待!

いかがでしたでしょうか?

今回はJR東海の新型車両315系と、315系導入に伴う車両の動きに関して説明していきました!

315系の導入によってJR東海の車両事情がどのように変わっていくのか? 今後も目が離せません。

今回はここまでとなります!最後までご覧いただきましてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました